スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


◇Gimlet-ギムレット-◇

ドライジン45ml
ライムジュース(加糖)15ml

シェークしてカクテルグラスに注ぐ。




ギムレット(加糖)




レイモンドチャンドラーのハードボイルド小説「長いお別れ」の名台詞「I suppose it's a bit too early for a gimlet(ギムレットには早すぎる)」で一躍有名になったカクテル。と言っても恥ずかしながら私はその小説を読んでいないため多くは語れません。

ギムレットとは「錐(きり)」の事。シンプルレシピで鋭い味わいが特徴。
いわゆる「ジンライム」のシェーク版ですね。
とにかく切れ味が優先されそうなカクテルですが、キツめにドライだから良いってものではなく、ここはコーディアル(加糖)ライムジュースが良い仕事をしてくれるような気がします。僅かな甘味成分を持つ柑橘が、飲み物のコクをグッと上げてより飲み応えのあるモノに仕上がるような気がします。って最近思うんです。
と、言う割にはコーディアルのライムジュースは用意がなかったので明治屋製のシロップを1/2tsp程落として代用しました。てな段取りの悪さは加糖うんぬんの説得力無かったりして・・・
とにかくノンシュガーで試してきた今までのギムレットとは違うおいしさに仕上がりました。満足満足^^






使用材料銘柄はコチラ↓
ジン:ビーフィーター40度(冷凍庫保存)
ライムジュース:エトナシシリーレモン




↓今夜の一杯が楽しんで頂けたら「カクテル」と「ホームバー」バナーのクリックをお願いします( ´_ゝ`)


カクテル ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ ホームバーへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://zikomaniwa.blog.fc2.com/tb.php/258-9085bf5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。