スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


◇Manhattan-マンハッタン-◇

ライウィスキー又はバーボンウィスキー45ml
スイートベルモット15ml
アンゴスチュラビターズ1tsp
マラスキーノチェリー1個

氷を入れたミキシンググラスにチェリー以外の材料を入れ、ステア。カクテルグラスにカクテルピンで挿したチェリーを添える。





マンハッタン143




カクテルの女王「マンハッタン」
誕生の時期は19世紀半半ば。
ベルモットの甘みが上品に引き出された高貴な味わい。クイーンの名に相応しいです。
ライウィスキーで作るのが主流ですがバーボンで代用する事が可能で、私はバーボンベースのマンハッタンが好みです。
他にもカナディアンウィスキーをベースとしたレシピもあり、よりあっさりとした仕上がりが印象的で、味の違いを是非試して頂きたい一杯かと思います。


今回はメーカーズマークをベースに仕上げました。
力強さの中に繊細な香りを持つメーカーズとベルモットの織りなす味わいは格別ですね。
美味しく仕上がって自己満足の極み^^

余談ですが、マティーニやジンフィズなどが、各バーやバーテンダーさんの器量を測るカクテルに挙がる事が多いですが、このマンハッタンが穴場で、作り手の違いが実は良く出るカクテルだと思っています。
店で飲んでも自分で作っても美味しい。
楽しい一杯ですね。



では乾杯。


使用材料銘柄はコチラ↓
バーボン:メーカーズマーク
ベルモット:マルティニロッソ
アンゴスチュラビターズ:アンゴスチュラビターズ
マラスキーノチェリー:明治屋





↓今夜の一杯が楽しんで頂けたら「カクテル」と「ホームバー」バナーのクリックをお願いします( ´_ゝ`)


カクテル ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ ホームバーへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://zikomaniwa.blog.fc2.com/tb.php/463-2f7d1139
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。